;

2010年05月16日

平井収二郎は最初の犠牲者

平井収二郎が朝廷と勝手にくんで藩政改革をしようとしたとして切腹させられました。

武市半平太の立場も危うくなってきたし。

土佐勤王党(勤皇党)の獄が今から始まるわけです。


腹心・吉田東洋を重用していた前藩主山内容堂(安政の大獄により失脚していた公武合体派の重鎮)が謹慎を解かれ藩政に復帰し、これを掌握すると、土佐勤王党は土佐藩内でもその行き場を失った。容堂は東洋を暗殺した土佐勤王党を徹底的に弾圧し、武市を筆頭に土佐に戻った土佐勤王党の主要メンバーは軒並み投獄された。。。Wikipediaより抜粋


これからどうなるかは知っているものの、気になります。


幕末土佐の12人


これはわかりやすく書かれています。

龍馬伝を視るのと併せて読むと楽しいですよ。
posted by ニュース担当 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今日は何する? ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。