;

2010年05月26日

どこまでも上から目線ですな。


北朝鮮以外のあらゆる国が「犯人は北朝鮮」と言うことに反対しないと思う。

そんな中でもあくまでも「でっちあげだ」と反論する。

この発想や交渉術の根本にはやはり主体(チュチェ)思想があるのだろうな。


マンガ金正日の正体

金日成から金正日へと流れる絶対君主制への信望・・・


韓国との全関係断絶=対話を一切拒否−北朝鮮が談話発表
5月25日23時19分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000219-jij-int

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の祖国平和統一委員会は25日、談話を発表し、韓国の李明博大統領が哨戒艦沈没事件に関連して国民向け談話や対北制裁措置を発表したことに対し、南北のすべての関係を断絶すると宣言した。
 北朝鮮が南北関係の断絶を表明したことにより、同事件をきっかけに高まった南北関係の緊張は極限に達する見通しとなった。
 談話は「北南関係の全面閉鎖、北南不可侵合意の全面破棄、北南協力事業の全面撤廃の断固たる行動措置に入ることを正式に宣布する」としている。
 その上で、第1段階の措置として(1)南側との全関係を断絶(2)李明博大統領の任期期間、一切当局間の対話と接触を行わない(3)南北間すべての通信を断絶する(4)韓国の「対北心理戦」に対する全面的な反撃を開始する―などの措置を取るとしている。 


・・・馬と鹿が頭の中に住んでないか?
posted by ニュース担当 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151105557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今日は何する? ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。