;

2010年10月31日

モルディブの結婚式で新婦を「豚」とののしる現地神父の動画

私の職場の若手も海外で挙式をする人が少なからずいます。

人気があるのはハワイなんだけど、東南アジアの島々もけっこう人気があります。

中でも、海の美しさでは一押しのモルディブなんか、考えた人もいたみたいだけど、けっこう高いし、日本からは遠いからってハワイにした人もいました。

彼女たちは正解です。

というか、日本人なら日本で結婚した方がいいでしょう。

なぜならば・・・



モルディブの結婚式 立会人が現地語で「お前は豚」

スポーツ報知 10月31日(日)8時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000033-sph-soci

 「地上の楽園」と呼ばれ、リゾート挙式や新婚旅行先として人気の高いインド洋の島しょ国モルディブで、10月初めに行われた結婚式で立会人の現地人男性が、現地語の分からない西洋人カップルを手ひどく侮辱していることが30日までに分かった。動画サイトへの投稿で判明。現地語で「お前も子どもも豚だ」「異教徒の結婚は不当」などと侮辱し、性的な暴言も浴びせていた。“犯人”は拘束されたが、観光への打撃が懸念されている。

動画はこちらです。



英語の翻訳がかぶせられているけど、ほんとにひどい。

それに対して寄せられているコメントがまたひどいけど、それはよう書きません。。。


日本人男性なら可愛い日本女性と国内で結婚式を挙げるべき

瀬戸の花嫁 不知火明乃 完成品フィギュア[オーキッドシード]《予約商品11月発売》

フィギュアと結婚式あげたくなります。(^◇^)


 楽園で行われた結婚式は「神聖」とは程遠いものだった。何も知らず、誓約の祈りに神妙な表情でうなずく西洋人カップル。だが、目の前で立会人の現地人男性が発していた言葉は、罵詈(ばり)雑言まみれの汚らしいものばかりだった。

 式は10月初旬、モルディブの島のひとつにあるリゾートホテル「ヴィルリーフ」で行われた。動画サイトに、現地のディベヒ語で話す立会人の言葉に字幕がかぶせられて公開された。

 「花嫁の乳のぞくな」。冒頭からカップルの前で、立会人らが交わす下品な言葉で式は始まった。立会人と手を重ねたり、指輪を交換したり、見た目には厳粛な式だが、祈りの言葉の中身はひどかった。訳によると、立会人は「お前は豚だ」「生まれる子どもも豚だ」「無神論者で異教徒のお前らの結婚は不当だ」と侮辱を連発。夫の性器をからかったり、「鶏とヤるときは気を付けろよ」などと下品で性的な言葉まで言いたい放題だった。


イスラム教徒が非イスラム教徒、特にキリスト教の白人をどう思っているのか、それが露呈した感じがしますね。

観光客としては受け入れているけれども、どんな気持ちで接待しているのか。


それは昔ヨーロッパに行った時にも思ったな。

オランダでは差別的な言葉を何度もかけられました。

黄色い犬とか、金を落として早く帰れとか。


我々日本人も外国人に対して、顔で見せている微笑みと心の中が合致しているとは限らないけれども、ここまでひどく思うことも、そして露骨に口に出すこともないのにね。


一生の記念になる結婚式は日本でやるべきなんじゃないかな。

posted by ニュース担当 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167806143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今日は何する? ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。