;

2010年08月06日

デーブ大久保二軍コーチの西武球団と雄星への思い

デーブ大久保二軍コーチの暴力行為って、大学野球部とかに比べればないに等しいんじゃないの?


西部の二軍打撃コーチ、デーブ大久保の雄星への一方的ないじめが問題であるとしてデーブが解雇された件、デーブからは球団に対して抗議とも言える内容証明が届いたようです。

これに対して球団側がどう出るのかでデーブの出方も決まるんだろうけど、できればどろどろにならない決着をみたいものです。

デーブも西武球団もどちらも本業は野球なんだからね。


デーブ前コーチからの内容証明 球団に届く

8月3日7時3分配信 スポニチアネックス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100803-00000013-spn-base

 選手への暴力行為などがあったとして7月29日に解雇した大久保前2軍打撃コーチから、埼玉県所沢市の西武球団事務所に解雇理由を求める内容証明が届いた。

 小林球団社長は「(内容証明は)来ました。内容については何も言えません。これから(球団内で)協議して対応を決めます」と話した。大久保前コーチ側は、今後の対応次第で法的措置に出る構えも示唆している。

 ≪実行委員会で謝罪≫西武・飯田則昭専務取締役がパ・リーグ理事会、実行委員会の冒頭で、選手への暴力行為などで大久保前2軍打撃コーチを解雇した騒ぎについて謝罪した。同専務は神妙な面持ちで「お騒がせしてますという趣旨であいさつをしました」。球団は再発防止に向けて調査を続行中。「管理責任があるので、しっかり調査をしていきたい」と話した。


打撃コーチであるデーブ大久保氏が球団期待のピッチャーである雄星にいろいろ難癖をつける。

それは確かに筋違いなところもあるかもしれないけど、デーブ大久保はあれでも元ジャイアンツの正捕手だからね。

超一流のピッチャーの球をたくさん受けてきて、彼らの練習スタイルやマインドコントロールも知っているだろうから、若手ピッチャーは彼から得るところは少なくないと思うのだけれども。

球界一速い球を投げる選手になるかもしれない雄星。

期待も大きかっただけに、なんか複雑。



橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開

posted by ニュース担当 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

若隆盛 満朝(わかりゅうせい みつとも)こと、古市 満朝(ふるいち みつとも)


若隆盛 満朝こと、古市 満朝が話題になっておりますが、

いったい何の犯人かと言えば、琴光喜の野球とばくをばらすぞと言って琴光喜から金をゆすりとり、

けっきょく、相撲界全体に蔓延する野球とばくを自らが行った脅迫のせいで明るみに出すことになり、

数百年の歴史を誇る大相撲を崩壊させた犯人でございますな。


大相撲力士名鑑(平成18年版)


琴光喜関脅迫の古市容疑者「出頭意向」 きょうにも逮捕

6月24日10時22分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000549-san-soci

 大相撲の賭博問題で、大関、琴光喜関(34)=本名・田宮啓司=から賭博関与の口止め料として現金約350万円を脅し取ったとして、警視庁が逮捕状を取った元力士の古市満朝容疑者(38)の代理人が、警視庁に本人の出頭意向を伝えていたことが24日、関係者への取材で分かった。警視庁は出頭し次第、同日中にも逮捕する方針。

 同庁は古市容疑者の背後に暴力団関係者がいなかったかなどを捜査するとともに、力士らによる野球賭博の実態解明や、野球賭博を主催していた胴元の特定を急ぐ。



1972年5月30日生まれの古市 満朝は大阪府交野市(出生地は大阪市)出身で押尾川部屋所属の元大相撲力士だそうです。

昨日のニュースでもインタビュー画像が出ていましたが、今でも恰幅のいい大男で、相撲を止めた後は暴力団の組員を務めていたようです。

そのコネと、弟は元十両力士で今でも幕下上位で相撲を取る「古市」ということから、相撲界のコネも現役で、今回の関わりになったようですね。



大相撲人間おもしろ画鑑

父親はアマチュア相撲界では有名な「古市道場」を大阪府交野市で開いていて、兄弟でここで相撲の薫陶を受け、大学などを経て大相撲に入っています。

弟は身体に恵まれない(174cm、103kg)のに努力して十両まで何度か上がっていますが、兄は立派な身体を活かしきれず、幕下の途中で相撲を投げ出しています。


夢破れて、野球とばくで一攫千金を狙ったけどこれもだめで、悔しいから賭博をやってる幕内力士をゆすって金もうけすることを思いついたようです。

ゆすっている相手が今回の琴光喜と言い、かつての大関の千代○○と言い、大関ばっかりというところにも悔しさがにじんでおりますな(笑)。



星一徹の反時代的オヤジ講座

父親にはかなり厳しくしつけられたようで、今でも父親には良い子の顔をするようです。


元力士「恐喝していない」=親族は出頭勧める―琴光喜関の野球賭博

6月22日2時34分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000013-jij-soci

 大相撲の野球賭博問題で、大関琴光喜関(34)=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=から口止め料名目で約350万円を恐喝したとされる元力士が親族に対し、「恐喝はしていない」と話していたことが21日、分かった。
 親族によると、元力士は今月上旬、大阪府の実家に電話し、「心配しないでくれ。恐喝はしていない」と話した。
 これに対し、親族は警視庁に出頭し、恐喝疑惑について説明するよう勧めたという。
 親族は「厳しい縦社会の相撲界で、大関に対して恐喝するとは思えない」と訴えた。 


この古市 満朝にとって、本当に厳しい縦社会は相撲界でも暴力団でもなく、父親を中心とした家族、ということでしょうかね。

相撲の英才教育を受けて夢破れたときにどうするか、父親の支配下で何の学習もできなかったのかな。

大相撲だけでなく、暴力団も途中でやめてるぐらいですから、予定したレールを踏み外した時に、自力では社会に適応できなかったんでしょうねえ。


そう考えると悲しい話でございますが。。。


いや、これはわたくしの勝手な当て推量でございます。

古市 満朝の家族や周囲の方々のことは当事者にしか分からないでしょうからねえ。

警察庁に被害届を出していた琴光喜関が嘘つきで、 満朝君が被害者という可能性も否定されたわけではないですからねえ。


・・・たとえその可能性が限りなくゼロに近いように当事者以外からは見えたとしても。
posted by ニュース担当 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

厳しくした方が相撲界のためです

もう徹底的に膿だしするって言ってるんだからそうしていただこう。

そのためにはファンも営利団体も徹底的に厳しく。

放送中止はぜひ進めていただいて、

綺麗な身体で再生していただきたいです。


過去に例なし!NHK、名古屋場所の放送中止も

6月22日8時0分配信 スポーツ報知

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000050-sph-spo

 大相撲の野球賭博事件で、NHKは7月11日から始まる大相撲名古屋場所の放送について対応を協議していることが21日、分かった。


NHK いないいないばぁっ! こんにちは!ったら ラッタンタン

 同局広報部では、日本相撲協会が設置した外部調査委員会の「推移を見守る」とした上で、「視聴者の目線を大事にしながら、視聴者のご意見や事件の動向を見ながら、総合的に判断していく」と説明。21日現在で、放送するか中止するかについては「言及できない」としている。視聴者からのメールや電話が900件あり、その中には放送すべきではない、との意見もあるという。


放送しないなんて嘘だよ〜

いないいないばあっ!


・・・なんて期待しないでね、相撲協会さん。
posted by ニュース担当 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日は何する? ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。