;

2010年10月31日

モルディブの結婚式で新婦を「豚」とののしる現地神父の動画

私の職場の若手も海外で挙式をする人が少なからずいます。

人気があるのはハワイなんだけど、東南アジアの島々もけっこう人気があります。

中でも、海の美しさでは一押しのモルディブなんか、考えた人もいたみたいだけど、けっこう高いし、日本からは遠いからってハワイにした人もいました。

彼女たちは正解です。

というか、日本人なら日本で結婚した方がいいでしょう。

なぜならば・・・



モルディブの結婚式 立会人が現地語で「お前は豚」

スポーツ報知 10月31日(日)8時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000033-sph-soci

 「地上の楽園」と呼ばれ、リゾート挙式や新婚旅行先として人気の高いインド洋の島しょ国モルディブで、10月初めに行われた結婚式で立会人の現地人男性が、現地語の分からない西洋人カップルを手ひどく侮辱していることが30日までに分かった。動画サイトへの投稿で判明。現地語で「お前も子どもも豚だ」「異教徒の結婚は不当」などと侮辱し、性的な暴言も浴びせていた。“犯人”は拘束されたが、観光への打撃が懸念されている。

動画はこちらです。



英語の翻訳がかぶせられているけど、ほんとにひどい。

それに対して寄せられているコメントがまたひどいけど、それはよう書きません。。。


日本人男性なら可愛い日本女性と国内で結婚式を挙げるべき

瀬戸の花嫁 不知火明乃 完成品フィギュア[オーキッドシード]《予約商品11月発売》

フィギュアと結婚式あげたくなります。(^◇^)


 楽園で行われた結婚式は「神聖」とは程遠いものだった。何も知らず、誓約の祈りに神妙な表情でうなずく西洋人カップル。だが、目の前で立会人の現地人男性が発していた言葉は、罵詈(ばり)雑言まみれの汚らしいものばかりだった。

 式は10月初旬、モルディブの島のひとつにあるリゾートホテル「ヴィルリーフ」で行われた。動画サイトに、現地のディベヒ語で話す立会人の言葉に字幕がかぶせられて公開された。

 「花嫁の乳のぞくな」。冒頭からカップルの前で、立会人らが交わす下品な言葉で式は始まった。立会人と手を重ねたり、指輪を交換したり、見た目には厳粛な式だが、祈りの言葉の中身はひどかった。訳によると、立会人は「お前は豚だ」「生まれる子どもも豚だ」「無神論者で異教徒のお前らの結婚は不当だ」と侮辱を連発。夫の性器をからかったり、「鶏とヤるときは気を付けろよ」などと下品で性的な言葉まで言いたい放題だった。


イスラム教徒が非イスラム教徒、特にキリスト教の白人をどう思っているのか、それが露呈した感じがしますね。

観光客としては受け入れているけれども、どんな気持ちで接待しているのか。


それは昔ヨーロッパに行った時にも思ったな。

オランダでは差別的な言葉を何度もかけられました。

黄色い犬とか、金を落として早く帰れとか。


我々日本人も外国人に対して、顔で見せている微笑みと心の中が合致しているとは限らないけれども、ここまでひどく思うことも、そして露骨に口に出すこともないのにね。


一生の記念になる結婚式は日本でやるべきなんじゃないかな。

posted by ニュース担当 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

戦争の中で行われたことに反省はあっても、謝罪要求は奇妙な気がする



原子爆弾を含む核兵器は瞬時に大量の命を奪うだけでなく、放射能による後遺障害で被爆者をその後一生、苦しめる平気である。

数十年にわたり人とその国を疲弊させる核兵器。

これは原子爆弾に限らず使われるべきではない。


これは湾岸戦争で貫通力を高めるために使用された劣化ウラン弾、後遺障害と言う点ではベトナムの枯葉剤も同罪だ。

アメリカが再三再四そのような兵器を敵国の一般市民への被害を無視、もしくは一般市民をターゲットに使用してきたという事実は非難されてしかるべきだと思う。

核兵器、化学兵器はいずれも使われるべきではない。


だが、国と国との間の「戦争」という局面において、それを使った側が使われた側に「謝罪」をすることを後から求めるのは変じゃないかと思う。

人道的見地に立った反省を求めることはしても、謝罪を求める必要はないのではないか?

それが戦争というもので、承知の上で日本は戦争に踏み込んでしまったのだから。



オバマ大統領、秋の広島訪問 実現カギ握る米世論

8月8日7時56分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100808-00000096-san-int

 【ワシントン=佐々木類】ルース駐日米大使が6日に行われた広島の平和記念式典に出席したことを受け、11月に来日予定のオバマ米大統領が広島、長崎の被爆地を訪問するかが今後の焦点となる。しかし米国内では6割近くが原爆投下を支持しており、日米双方の世論を慎重に見極めながらの調整になりそうだ。

[フォト]広島市長「核ゼロへ首相は動け」 平和宣言の要旨 65回目原爆忌

 ルース大使の派遣について、米政府関係者は「11月に来日するオバマ大統領の広島訪問が政治的に可能かどうか、日米両国の反応を探る狙いがあった」と証言する。沖縄の米軍基地問題で目立った成果が期待できないとみられる中、大統領の広島訪問が同盟深化を印象付け、かつ、「核兵器なき世界」を目指す姿勢を国際社会にアピールする格好の舞台になるからだ。

 オバマ大統領は1月、ホワイトハウスを訪れた秋葉忠利広島市長の訪問要請に「行きたい」と応じている。

 ただ米政府は、今回のルース大使派遣の理由について「第二次大戦の全犠牲者に敬意を表するため」としており、原爆投下への「謝罪」ではないとの立場を強調。謝罪を期待する被爆地との隔たりは大きい。

 先の米政府関係者は「米国内向けには、謝罪せず慰霊式典などに参加しなければ大統領の広島訪問は不可能ではない」としつつ、「広島市民がそれでも大統領の訪問を受け入れるかどうかを見極める必要もあり、ハードルは高い」と語った。大統領の厳しい訪日日程の都合も含め、実現までには曲折がありそうだ。



まずはオバマ大統領と、アメリカメディアに、自分たちが投下した原子爆弾が広島と長崎にどの様な惨劇をもたらして、いまだにどれだけの人々を苦しめているのか、それを客観的に見てもらうことの方が大事だと思う。

彼ら米国民の保守層は、それからは目を背け続けながら正当性だけを主張している。

この点においては彼らが人権性の欠如を非難しているいくつかの国と変わらない態度をとっているとも言える。


その彼らに冷静に、客観的に、自分たちが支持する原子爆弾投下が具体的にどんなことを引き起こしたかを見ていただこうではないか。

それを見て彼らがどう思うか、何を感じるか。

核兵器廃絶へ、一歩踏み出せるかどうかの貴重なチャンスだ。


広島や長崎の資料館に来て、その映像を目の当たりにして、それでもなお

「核兵器を使用したことが間違いではなく、これからも必要であれば使うべきである」

そう言うのであれば、そこで初めて、我々は彼らの誤りを正していかねばならない。


オバマ「核なき世界」演説

ともかく、オバマ大統領の訪問は格好のチャンスだと思う。

広島や長崎の資料館の映像を全米の、そして核兵器を保有する、保有したいと考えているすべての国の国民にあまねく見ていただきたい。

謝罪してほしいという感情はこの際、シャットオフしてでも大統領訪問を実現すべきだと思う。
posted by ニュース担当 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

運転ミスをトヨタの性にしようとするアメリカ市民と後押しするアメリカ議会




トヨタのリコール問題に関するアメリカ議会のトヨタたたき、当初からおかしい話がてんこ盛りだった。

まず、トヨタたたきの先鋒はデトロイト出身の議員さん。

この議員さんの親戚(実の父親)は元GMの幹部社員だったし、票田はアメリカ車メーカーとその関連する人たちだ。

ものすごく利害関係で疑わしいよね。


次に議会でトヨタ車のせいで恐怖体験をしたと証言した人たちの車のその後の調査。

この人たちはそんな恐怖を味わった車を平気で転売しているのだけれども、その後の利用者の誰ひとりとしてそんな経験をしていない。


また、時速160km以上で死を覚悟して家族に携帯電話でお別れの電話をしたというおばさんもいたけど、時速160km以上で携帯電話できる人ってかなりの飛ばし屋の若者でも少ないと思うよ。

恐ろしくて両手をハンドルから離せないのが普通だよ。



トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上

7月31日12時22分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000381-yom-bus_all

 【ニューヨーク=小谷野太郎】トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)問題で、急加速の原因が運転者の操作ミスとみられる複数の調査結果を、米高速道路交通安全局(NHTSA)が意図的に公表しなかった疑いのあることが30日、分かった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が報じた。

 7月にNHTSAを退職した元幹部が、実名で告発した話として伝えた。急加速が起きた23台について、NHTSAが運転記録を調べたところ、いずれもアクセルが全開でブレーキを踏んだ痕跡がなく、運転者のペダルの踏み間違いの可能性が高かったという。



トヨタの正体(続)

どうもピンとこなかったんだ、この本。

収益優先であることは企業の哲学として当然ながら、安全性を確保することが自動車会社の最優先命題であることは世界でもっともよくわかっている企業でもあるはずで、それを一方的に断罪しているこの本にはちょっとあきれた部分を感じた。

他にもこういう本あるから、どの程度裏をとって彼らが出版しているかをこの際、じっくり見てほしい。


⇒ トヨタのリコールに関連して書かれた本


こういう情報を書く人こそまさしく儲け優先主義。

いい加減なもんだなあと思う。
posted by ニュース担当 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日は何する? ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。